個展「パレード 今日は大さわぎ」

2017年9月29日(金)〜10月4日(水)東京・表参道 OPA galleryにて8年ぶりに開催しました。

期間中は奇跡的に毎日快晴!最終日までには200名近い方々に見ていただくことができました。

 

「下書きはするの?」「デジタル?」「何で描いているの?」「修正はしてないようだけど、ホント?」など皆さん質問してくださいました。

なので、画材や描き方をご紹介→イラストボードに、線はカラーインクのスペシャルブラック。面相筆で一気に描き、

アクリルガッシュのレッドとペイルブルーで着彩。影部分はカラーインクのスペシャルブラックを薄く着彩しました。

下書きはするものの、別の紙に描いてイラストボードにトレースします。線は書道のように「気合を込めて」一気に描き、ほぼ直しはしていないんです。

 

横に長〜いイラストが描きたくて、「パレード」という題材を選びました。

ちょうど展示の時期がハロウィンも近かったため、ちょっとへんてこな動物やおばけも加えて、楽しげに歩いている光景を描きました。

意外や意外、懐かしい「オバQ」のような、火星人?タコ?が一番人気でした!

女の子たちと一緒に、ワニとヘビなど動物たちも好んでもらったようです。

 

「絵本にしてみたら?」と言ってくださる方々も多数。もう少しお話を加えて、ぜひ実現したい!と思っています。

 

さてさて、個展は終わってもこれからが始まり・・。

 

というわけで、これからお仕事探しの旅に出ようと思います。

関係各社の方々、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリー正面に、B全のイラストを2枚展示しました。

 

長細いギャラリーの左右でパレードをするごきげんな

人・動物・おばけたちが、最後に集まる場面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右に6枚ずつ展示しているイラストの中でパレードしている

キャラクターがどこにいるか?

 

左右にはいない新キャラクターもいるか?

 

みなさん、楽しげに探してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の作品は線が特長です。

 

面相筆とガラス棒そして30cmの竹の定規の溝部分だけを

縦に切り取って、ハンドメイドの「溝引き」として使って描いています。

 

超・アナログです・・。

 

 

 

 

 

B全の大きな作品を2点描きました。

 

始めは、イーゼルで立てかけて描くつもりでしたが

線を気持ち良く描くには、やっぱり床に置いた方がいい、と考え

床に這いつくばる感じで、描いていました。

 

ど近眼で這いつくばって版画を彫っている「棟方志功」の映像を

どこかで見たことが・・。

 

そんな感じで、制作していました。

 

 

 

 

 

 

個展会期の2日前、

2017年9月27日(水)の

朝日新聞の東京都内と多摩のマリオン欄に個展の紹介を

掲載していただきました!

 

 

 

 

 

 

 

この個展のために、ミニ絵本を作成しました。

一緒に考えてくださったのは、2015年のギャラリーDAZZLE

「ポスターを描く vo.l6」でご一緒したkrranの西垂水敦さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポストカードサイズがパラパラっと観音開きになり

パレードの最後の大集合のイラストがお目見えします。

 

絵本のイメージで制作してみました!